• 千葉県における葬儀の風習について

    千葉県で行われる葬儀は他の県とは一部風習が異なる、ということを知っていますか。


    まず千葉県の葬儀の特徴として覚えておきたいポイントは「前火葬」の地域と「後火葬」の地域が混在しているという点です。
    千葉市周辺などの都市部においては通夜と葬儀が終わったあと火葬を行う「後火葬」が主流です。ですが房総半島の周辺では通夜の翌日に火葬を行う「前火葬」という風習が残っています。「前火葬」の場合、火葬を行ったあとに告別式や葬儀を行うので、もし故人の顔を見てお別れしたいと考えている場合にはあらかじめ日時を確認しておく必要があります。
    また、地域によっては「葬式組」や「班」という近隣住民の組織が存在します。

    気軽に千葉で葬儀のココだけの話をしましょう。

    故人が亡くなったあとに寺院への連絡や葬式の準備などの手伝いを行ってくれるのです。



    これも知っておいたほうが良いでしょう。
    他に有名な風習として「長寿銭」があります。

    これは長寿をまっとうした故人の葬儀の際に行われる風習で、その長寿にあやかるためのものと言われています。

    具体的には故人の会葬礼状を配る際に特別なぽち袋を用意し、その中に紅白の紐を通した5円玉を入れておくというものです。



    ぽち袋には紅白の水引が印刷されているものを使用し、「長寿」と書くのが一般的です。

    他の地域でいうところの「撒き銭」と同様、こうすることで長寿にあやかることができると言われています。
    葬式であるにも関わらず紅白の水引でのぽち袋が出てくるので驚かれることもあるでしょう。ですがきちんとした故人を偲ぶ風習ですので安心して参加しましょう。