葬式は誰のためにある - 千葉県における葬儀の風習について
  • 葬式は誰のためにある

    思いがけず訪れる悲しい出来事、葬式宗教あるいは地方によって多少のしきたりに違いはあるようですが、服装だけは変わらないでしょう。


    故人への哀悼の意を表すという事で喪服でしょう。

    有名人の告別式を見ると凄いですね、ファンが大勢来て有名人もたくさん来られ、花輪の数は数えきれないほど、テレビニュースで見るだけですけど、大きなお世話ですが幾ら掛かってるのですかね。
    有名人の半分以上の人はきっと義理で行っているのでしょう。

    葬式の情報ならこちらにお任せ下さい。

    一般の我々の葬式は。



    今は家族葬というのが増えていると聞きます、近親者のみで行うため弔問客に気を遣うこともなく故人と落ち着いて、お別れができる。


    友人知人に聞いてみても葬式は家族葬がいいというのが多かったように思います。


    葬式は誰のためにやるのか。あの人誰だろ、故人と繋がりは無く喪主との関係だったりする事もある。
    大掛かりにお金を掛けてやる事が故人のためだろうか。
    見送る側にとっては葬式は絶対に必要です。


    そのためには生前にどうやるか呼んでほしい人は誰か、家族で話し合っておくことが絶対に必要でしょうね。



    しがらみや義理で人に来てもらっても意味がないと思います。

    故人は喜ばないでしょう。先日、友人の母上の葬儀に行きました弔問客は5人それとバイオリン演奏者が4人か5人いました。

    とても落ち着いていていい雰囲気でした。


    これからは変に見栄を張らずこの家族葬が一般家庭には良いような気がしました。

    誰のために式をやるのかをよく考えてみてはいかがでしょうか。