葬式の意義と喪主の心構え - 千葉県における葬儀の風習について
  • 葬式の意義と喪主の心構え

    禅宗の葬式とは故人に仏弟子であることを証明する血脈を授ける儀式です。
    人は亡くなると49日の期間中有という生と死の間にあって、生前の行いによって49日後に転生する世界を決められると言われています。

    葬式では古の作法に従って導師の導きのもとで生前の行いを懺悔し、仏弟子であるための戒律を授けけられ、血脈を授けられた後に引導を渡されます。
    本来戒律や血脈は生前に授けられるべきもので、授けられた後の生活に於いてできる限りそれらを守っていくことで安らかな生を送ることができるのですが、残念なことに現在大半の方が死後に受戒し血脈を授けられるようになってしまっています。

    喪主の心構えは葬式の意義を正しく理解して、粛々と儀式を行っていくことを心掛けることが第一となります。
    しかしながら菩提寺の住職や葬儀会社の担当の話を聞いてその通り行うだけでは、その場限りの葬式になってしまいます。

    葬式を知りたいならこちらです。

    可能であれば授けられた戒律の内容を理解し、多少なりともそれを実生活で実践することができたなら、それこそが故人に対する一番の供養となります。もう一つ心掛けないといけないことは、葬式が故人にとっての最後のお別れの場となることです。



    濃い親族であれば年回法要の際に顔を合わせ、故人のことを語り合う機会が持てるかもしれませんが、そうでない回送の方は前晩の通夜と当日が最後のお別れになります。

    あまり長くなってはいけませんが、喪主の挨拶では生前の故人の様子を伝えるとともに、回送の方に向けて故人を含め親族一同からの御礼を丁寧に申し上げると良いでしょう。