千葉県の葬儀の特徴とは? - 千葉県における葬儀の風習について
  • 千葉県の葬儀の特徴とは?

    千葉県は東京に隣接するエリアですが、千葉ならではの葬儀の特徴がいろいろあります。

    千葉で葬儀を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

    まず取り上げるべきは、地域住民によって形成される組織が今も残っていることです。
    この組織は地域によって「葬式組」「年寄り講」「隣組」「講」「班」などのいろいろな呼び方がなされますが、地域住民が亡くなった際に、葬儀に関する様々な準備を担うという点で共通しています。


    千葉県内の地方部に今でも残っている風習であり、高齢の方が組織のメンバーであることが少なくありません。

    浄土系の宗派の場合は、組織で念仏を詠唱します。
    「長寿銭」と呼ばれる風習が残っているのも注目すべき特徴と言えます。長寿銭というのは、紅白の紐を通した5円玉のことであり、これを長寿と書かれた小さな袋に入れて、参拝者に配布します。



    長寿銭を家に持ち帰って保管すると、長生きをすることができるという言い伝えがあります。
    通夜は「夜伽(よとぎ)」とも呼ばれています。

    地域によっては、通夜の間中起きて、夜通しで故人に寄り添い、故人を見守る習慣が残っている場所もあります。


    参列者から提供された食べ物を「夜伽見舞い」と言い、夜伽見舞いを食べながら、夜通しの通夜を行うこともあります。

    火葬を葬儀の後に行う地域と前に行う地域があるのも特徴的です。


    都市部では前者で行われる場合が多いのですが、館山市や九十九里浜方面に行くと、後者で行われる場合が少なくありません。


    これを「前火葬」と呼びます。